ツタンカーメン像など17点、考古学博物館から持ち去られる

カイロ(CNN) エジプトの反政府デモの混乱に乗じて何者かが押し入った首都カイロの考古学博物館から、ツタンカーメンの木像など収蔵品少なくとも17点が持ち去られていたことが分かった。ザヒ・ハワス文化財担当相が13日に明らかにした。

持ち去られたのは、金箔を張ったツタンカーメンの木像「女神に運ばれるツタンカーメン王の像」と「もりを打ち込むツタンカーメン王の像」の一部、アクエンアテンの石灰岩像、供物をささげるネフェルティティ像、アマルナ王妃の頭部の石像、木製のシャブティ小像11体など。収蔵品の点検で紛失していることが分かったという。

警察と軍は、先に拘束した容疑者数人を取り調べる方針。

ハワス氏は1月31日の時点でCNNの取材に対し、デモが始まって間もない同月28日の夜、何者かが博物館に押し入って像や展示ケースを破壊し、宝飾品などを盗んだと話していた。

その後容疑者数人が拘束され、一部は古美術品を所持していたとされる。

考古学博物館ではこの事件を受け、民間人や軍が警備を固めていた。(グーグルニュースより)

ツタンカーメン像とか盗んでどうするつもり
なんでしょうか?
闇で売買でも出来るのでしょうか?

盗品だと分かって売ることが出来るルートが
あるのかもしれないですね。

だけど拘束されている容疑者が数人
いると言うことはもしかしたら盗品が帰ってくる可能性も
あるのかもしれませんね。
[PR]
by kohinata222 | 2011-02-14 12:05


<< 加藤ローサが妊娠4か月です 手作りケーキ >>